ポーランドのヴイチクレーシングチームのメンバーは:レア・ギノ、ベルぐマン・クリストファー、シュコペク・マレックです。フォーミュラEWCに、77番号ヤマハR1バイクのドライバーたちです。

ヴイチクレーシングチームはFIM世界耐久ロードレース選手権シリーズ(EWC)にもう再びに出ていきます。去年にポーランドのチームは日本のレースに打って出て、今回、強くて、経験済みのチームとして登場します。

「鈴鹿8時間耐久ロードレースのことを楽しく思います」とレア・ギノが言います。「2016年に初めてTOHORacingクラブのモリワキ・アルティア・ホンダ・チームを競争しました。確かに、途中でちょっと技術的な問題が起きたが、50位の座から11位になりましたので、大変なのに、とても小気味よいレースでした。今年も大変だそうです。特に、暑さと湿気はつらいですね。」

ベルぐマン・クリストファーもレースのことを楽しみにしています。「とても興奮しています。ずっと前から鈴鹿8時間耐久ロードレースに参加することは僕の夢だったから、がんばって、レースの格秒を楽しみたいと思います。必ず簡単な挑戦ではないでしょう。ワークス・チームと競うのはもちろんが、長いサーキットを勉強することや日和になれることなどのようなレースの準備もきついですね。でも本当にレースを待ちきれないのです。」と。

ヴイチクレーシングチームのメンバとして二回目に鈴鹿8時間耐久ロードレースに参加するシュコペク・マレック。「このレースは特に私たちのヨーロッパ人にとって、日本の日和により、難しいレースです。」とシュコペクが強調します。「厳格なサーキット、湿気、暑さ、豊かな経験を持っている日本ドライバたち。さまざまな足かせがあります。それにしても、鈴鹿レースに一回出ていたら、戻らないわけないでしょう。今年も出来る限り高い位置を得るためにがんばりたいと思います。」

2019年7月28日に日本の鈴鹿サーキットに8時間のレースが行います。今年は鈴鹿8時間耐久ロードレースの第42回大会と同時に、FIM世界耐久ロードレース選手権シリーズのファイナルが行います。

 

Korzystając z naszej strony, wyrażasz zgodę na wykorzystywanie przez nas plików cookies . Zaktualizowaliśmy naszą politykę przetwarzania danych osobowych (RODO). Więcej o samym RODO dowiesz się tutaj.